10月21日、青井イカダ釣行

10月21日、今年10回目の筏釣行。今回は良型マアジが好調な青井イカダに行き先を決定。チヌが駄目でもアジが釣れるので、アジの魅力に惹かれ、お土産狙いの釣行でした。アジ釣りといってもサビキでは無く、沖アミを付けた1本釣りで挑みます。時には30cm弱のマアジが釣れるそうで、尚更です。体高のある黄アジだったら良いのですが・・・? 

今回も八木谷さんと6時半頃から釣り開始。カワハギの猛攻を予想していたが、雰囲気はかなり違い、生物反応の無い静かな釣りとなりました。早朝は一応サナギを使いチヌを狙いますが、サナギは何時までたってもそのままの状態。上下に誘い左右に引いても無反応、時間だけが経過、嫌なムードが流れます。その上、次から次へとクラゲの大群が左から右に流れています。ラインに触る度に穂先の角度が大きく変化する。

NONALNUM-77yR77yM44Kv44Op44Ky-E
クラゲの大群
2時間ほど経過するが、サナギは相も変わらずピカピカで上がってくる。痺れを切らしここで気分転換。サナギから沖アミにチェンジ、アジの様子を探ってみます。沖アミを団子に包み、割れてから上下に誘いを入れると、入れ食いではないが、良いアタリが出てアジが釣れます。体高のある20cmオーバーのマアジです。この型になると引き味も良く面白いですね! 徐々に本気モードになり夢中になってしまいました。もちろん、「時合になればチヌも来る」と思いながらの釣りでした。
NONALNUM-77yS77yM5YWr5pyo6LC344GV44KT-E
八木谷さん、35cmゲット!
10時頃、八木谷さんに待望のチヌ、35cm級がサナギにヒット! こちらもサナギに変えるが沈黙が続く。不思議ですね、隣の八木谷さんのイカダにはチヌが居てアジがいない。こちらはアジが居て、チヌがいない・・・。まぁ~、チヌに関してはよくあることですがアジが居ないのは不思議でした。魚影が薄いのでしょうか・・・? 途中から八木谷さんはアジを諦めチヌに絞ったようです。サナギオンリーで攻めています。

こちらは音沙汰なしのサナギを諦め沖アミに戻す。11時頃、上に誘い60cm程上げたところで停止、一呼吸置いて下げ始めるとアジとは違うアタリが出た! 高感度の前アタリなので一時停止・・・、すると、ゴッゴン! 見事なアタリでクリーンヒットでした。難なく取り込んだチヌは34cmでした。

NONALNUM-77yT77yM44OB44OM44Ki44K4-E
チヌ34cm
写真を撮りすぐに放流し、柳の下の泥鰌を狙うと・・・、あるのですねこんな事が! 団子が割れると一気に穂先が水面に突き刺さる衝撃的な瞬間が来た、こちらがビックリするアタリでした! 幸い竿を握っていたので即座に対応でき、手に汗握る攻防を展開。手応えは十分で、力強い引きを味わう至福のひと時のはずが・・・? 下手ですね、未熟ですね~・・・、鋭い突っ込みを耐え、底が切れて安心していたが、まさかの針ハズレ、痛恨のバラシ! アタリから察すると、針を飲み込んでいてもおかしくないアタリでしたが、詰めが甘いと言うか、一瞬の遅れが生じたのかも? 貴重な良型を取り逃がしました。その後は皆さんの想像通り・・・。静けさが戻り、相手してくれるのはアジだけとなりました。
NONALNUM-77yU77yM44Ki44K4MTM-E
アジ21cm~26.5cm 13匹
八木谷さんは1匹追加し2匹の釣果。当店はチヌ1匹とアジ13匹の釣果で3時に納竿しました。

8勝2敗「本塁打(50cm以上1本)タイムリーヒット(40cm以上9本)ヒット(30cm以上11本)失策3 」

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 03:03 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

10月15日、千歳に釣行

NONALNUM-77yR77yM5Y2D5q2z-E
広い釣り場。何処でも釣れそうです。
10月15日、今年9回目の筏釣行。10月に入り2週連続の台風で、せっかくの行楽シーズンも台無し・・・、店も静かでした。台風の影響で更に水潮が入り湾内も結構濁っています。余り期待せず千歳の鉄板に出かけてみました。午前7時半頃から釣り開始。水面は濁り、更に浮遊ゴミが流れている。朝から良いムードでは無かったですね。案の定、ボラもカワハギも一日出てこない状態でした。サナギはそのまま何時までも付いる。余りに退屈でタバコの本数が倍増、「これではいかん」と思いサシエを沖アミにチェンジ。忙しい場面を作りタバコを忘れる作戦ですが・・・、沖アミも触らない・・・、お手上げです。
NONALNUM-77yS77yM5Y2D5q2z6Yej44KK5bqn-E
井上渡船さんが竿受け用の板を貸してくれます。
こうなると早く終わらすため、団子の打ち返しをスピードアップ。団子にはマルキュー激荒と丸サナギや沖アミを詰め込み、デラックスなマキエを思う存分放り込む。この効果があったのか、どうか・・・、10時半頃から単発でチャリコ25cmや20cm級のアジが釣れ、ようやく雰囲気が良くなってくる。でも他のエサ取りはまったく居ない、沖アミが十分通用します。打ち返しを続けていると、チヌと分かる前アタリが出た! そして、節のあるアタリが出て「ガッツン!」と快心の一発! ようやく掴んだチヌの感触。良いですね、短竿を通じ手に伝わる響きは快感です。無事取り込んだのは34cmの小型ですが、ようやくスイッチが入りました。
NONALNUM-77yR77yM5Y2D5q2z44K544Kr44Oq-E
スカリは台ネジで固定出来ません。必ずロープ-で結んで下さい。今回は2回程水没してました。
ここのチヌの時合は短いので集中し、攻めの一手! ここぞとばかり、団子の連続砲火で手を休めず攻めるが、幸か不幸かボラは姿を現さない。う~ん、気持ち的には出て欲しいのですが・・・。その後、相も変わらず、雑魚1匹掛からないかった30分後にようやくチヌが出現、コン、コツッ、ココンに続きゴン! これも快心の一撃でヒット! 手応え十分、血気盛んな42cmでした。
NONALNUM-77yU77yMNDJjbQ-E

その後、気配は薄れ、沖アミが残る状態が続き、午後2時半で終了。釣果はチヌ2匹、マアジ2匹、チャリコ2匹。お土産は20cm級アジ2匹と25cmチャリコ1匹でした。水潮が回復すると、まだまだ・・・、チャンスはありそうです。(釣果 チヌ34cm、42cm。エサ・沖アミ)

7勝2敗「本塁打(50cm以上1本)タイムリーヒット(40cm以上9本)ヒット(30cm以上10本)」

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 10:21 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

9月30日(火)、今年8回目の筏釣行。

9月30日(火)、今年8回目の筏釣行。6勝2敗「本塁打(50cm以上1本)タイムリーヒット(40cm以上8本)ヒット(30cm以上9本)」不思議な魅力があり、千歳にある浮体構造の沖防波堤、通称「鉄板」に通っています。特徴ですが、ここのチヌは突然来るので気を抜けません。前触れ無く突然です。でもエサを飲み込まない、いまいましいチヌです。休憩するタイミングが読み切れない、頭を悩ます釣り場ですね。

NONALNUM-MeWFq-acqOiwt-OBleOCkw-E
暑くもなく、寒くもなく・・・、好天気!
さて、今回も八木谷さんと釣行。午前中は気配無く、お昼を過ぎた2時~3時にアタリは集中しました。エサはサナギでしたが、カワハギが出だし、少々厄介になってきました。今後、丸貝も必要になりそうです。今回、釣果は八木谷さん5匹、当店2匹と大きく水を開けられました。
NONALNUM-77yS77yM5YWr5pyo6LC35rCP77yV5Yy5-E
八木谷さん釣果
八木谷さん(32cm 35.2cm 39.3cm 43.8cm 45.2cm・サナギ)
NONALNUM-77yT77yM44K544Kr44Oq-E
スカリが大きいので、腹を返していたチヌも元気になります。リリースするには適している黒房フラシ
当店(チヌ32cm、38cm。サナギ)

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 08:23 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

冠案内が中止となり、千歳に釣行

NONALNUM-77yR77yM6I2JMDE0-E
以前、凝っていた園芸。  現在は・・・???

9月24日、今年7回目の筏釣行。5勝2敗「本塁打(50cm以上1本)タイムリーヒット(40cm以上8本)ヒット(30cm以上7本)」

冠島案内が中止となり、一人で千歳に釣行。南の風が2m~4m吹き、肌寒い一日。早朝は気配無く時間だけが経過、10時半頃から13時まで、ようやくボラが出だし高気配となる。ボラはチヌの使者、歓迎ですね。団子を突いて拡散し、煙幕を張り巡らしてくれるのでしょう。そこで、好奇心旺盛なチヌが遠巻きに近づいてくるのでは・・・?なるべくボラを掛けないよう集中するがアタリが紛らわしい・・・、それどころか、同じアタリに近かったですね。 「これはチヌ!」と思っても逆パターンもあり、訳が分からん状態でした。ここのチヌは時合が短時間、焦りながらボラを避け、チヌ4匹をゲット。サナギコーンで1匹、サナギで3匹。1時頃からチヌもボラも物の見事に消え去り、風が徐々に強くなったところで午後1時半納竿。(スマホを忘れ写真が無くてすいません)(釣果 チヌ38cm、41cm、42cm、45cm。エサ・サナギ)

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 08:11 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

カスタムリール

「WING100」で カスタムリールにドレスアップ!大幅な軽量化と50:50のハンドルバランスに設計し、この両立が限り無く巻きブレをゼロにしました。エギングだけでなく100mmのピッチを生かしバスフィッシング・シーバス等でも活躍。超軽量でハンドルバランスの良いハンドルを使うと、より攻めの釣りができる。NEW Wingシリーズは究極の「攻める超軽量ダブルハンドル」へと進化!

NONALNUM-77yR44CB44Km44Kj44Oz44Kw-E
ハンドルノブ部に使用しているチタンは海水などに対し高い耐食性を示します。チタンは強度が高くて非常に軽く薄肉中空構造となっています。チタンは振動の減衰率が非常に低い金属で、振動を吸収しない性質をもった金属。熱伝導率が低い上に薄肉のため冬でも指で触るとすぐに温まってきます。
NONALNUM-MuOAgeOCt-ODnuODjg-E
滑らかな回転、ステラ 拘りたい逸品です!
NONALNUM-77yT44CB44OO44OWanBn-E

NONALNUM-77yU44CB44OA44Kk44Ov-E
大幅な軽量化と50:50のハンドルバランスに設計し、この両立が限り無く巻きブレをゼロにしました。
NONALNUM-77yV44CB44OX44Os44O844OI-E
軽量化 & 強度バランスを兼ね備えたNEWデザインのメインプレート。超々ジュラルミン(A7075)の厚みが15mmのブロックから高精度マシニングで3D切削しています
NONALNUM-77yW44CB44OO44OW-E
ハンドルをリールから取り外しての温水洗浄が可能。ソルトウォーターゲーム後は、塩分除去のため温水シャワーでの洗浄やオイル添加をお勧めします。

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 05:47 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0167 sec.
prev
2018.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31