[ カテゴリー » 釣具屋釣行記 ]

野原磯釣行

NONALNUM-MWHnn7PloZo05pyINeaXpeOCouODrOOCuTQ1LjTjjp0-E
2022年4月5日。野原釣行(アレス磯)32㎝、45.4㎝
NONALNUM-MWE05pyIMTLml6Xnn7PloZo15Yy5-E
4月12日(火)野原沖ヒンデ グレ30㎝~38.5㎝ 5匹
NONALNUM-MWE05pyIMTnml6Xnn7PloZo55Yy5-E
4月19日(火)野原・地ヒンデ グレ31.2㎝~43㎝、9匹。

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 04:29 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

2021年12月 日引磯釣行

2021年12月14日(火)日引磯釣行 
大岩からヒラトコに替わっての釣果。
グレ30㎝、30.4㎝、32.4㎝ 3匹

2021年12月21日(火)
ダン鼻にて グレ30.5㎝、31.5㎝ 2匹
2回とも平凡な釣果でした。
ダン鼻は雰囲気良く午後からに期待したのですが、潮が変わり右に流れ出すとサッパリでした。
石田氏はチヌ2匹とグレ30㎝オーバーは1匹。

1A4SALE
12月14日、グレ30㎝、30.4㎝、32.4㎝ 3匹
NONALNUM-M-acieacrOawjw-E
12月21日 当店 グレ30.5㎝、31.5㎝ 2匹
4SB-515-01-1024x768
日引・大岩

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 07:07 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

2021年11月16日 野原磯釣行

2021年11月16日(火)野原磯釣行(雨後曇り13時より再び雨)

秋が深まるとグレ釣りの好シーズン。この時期になると、筏釣りからグレ釣りに毎年チェンジします。
筏のチヌ釣りと磯のグレ釣り、ジャンルは異なるが面白さはどちらも甲乙付け難く、熱くなってしまう。
季節により上手く入れ替われるので、好都合なローテーションとなります。

さて、久しぶりの磯釣りです。
大海原を目前にして磯に立つのは気持ちが良く、筏釣りには無いロケーションが見られる。
自然に感謝して「一礼」をして始めますが、磯は約5ヶ月のブランクがあり、体力が少し心配でした。
座る釣りから立つ釣りに変化し、岩は平ではなく危険と隣り合わせ、
動きもハードなのでマイペースで無理をせずにやってみます。

今日は8名での野原磯釣行、他にチヌ狙いのお客様が一人おられました。
ウネリがあるので安全なカモ大に6人が渡礁。岩崎船長の配慮で我々高齢組3人は先端に上がる。
まずは3人ジャンケンで場所決めですが最下位となり、残った真ん中の高場に決定。
同磯の船着場に乗った二人を含めると北向きに5人が並んでいます。

船長の指示では棚が深く遠投だとアドバイスを頂く。
情報では4ヒロ~7ヒロとの深棚の様子ですが、いきなり深くせずに上層から探ってみる。
ワクワクする1投目、浅棚でグレが釣れるが29㎝でリリース。
好調に2投目もウキ下3ヒロでヒット。掛けた瞬間に竿が伸され、凄いパワーに驚かされる。
感触が良く動きがシャープなグレ特有の引きで重量感は桁違いでした。
まさかの手応えで慌てましたね。釣り座は水面まで6m、やり取りは楽ですが磯から転落しないよう慎重に足を運ぶ。
足元はやや前下がりで前面には立てない、何度も突っ込まれ手が痺れて来るが
グレ競技1.5号の強いロッドが功を奏し、時間は掛かったがようやく水面に現れやれやれ、自力でタモ入れし首尾よくゲット。
足元が悪く低場に移動しながらのタモ入れはスリル満点で冷や汗を掻きました。
後で計測すると46.4㎝の良型でした。

その後も順調にグレは釣れ続けましたが、棚は変化し3ヒロまでの浅棚では反応が悪くなりました。
グレは4~5ヒロで反応が良くなり、6ヒロ~7ヒロではチャリコやチヌが多くなる。
チャリコと呼ぶには失礼なマダイが多かったですが35㎝まで20匹程釣れています。
頻繁に竿は曲がりトータルで50匹程の魚がヒット、楽しい磯釣りを満喫できました。両サイドの阪本さん、石田さんもまずまずの釣果でした。
チヌ(30㎝と43㎝)2匹も含めグレ30㎝オーバー以外は全てリリース、15時30分終了。

釣果に恵まれたのは、場所が良かったのでしょう。
チンジに上がった山副君はグレ43㎝、孝ちゃんは40.5㎝と40㎝オーバーが3匹出て今後が楽しみになってきました。

「野原磯・12月20日頃まで営業予定」だそうです。
天候次第になりますが、メンバーは揃える必要がありますのでご参考まで。
メンバー足らなければご一報下さい。「出来る範囲で」微力ですがサポート致します。

NONALNUM-MeajruS6leawjw-E
当店 31㎝~46.4㎝ 5匹。 石田氏 30㎝~33㎝ 4匹。

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 07:42 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

2021年11月2日(火)八木谷氏と青井イカダ釣行

NONALNUM-MeajruS6leawjw-E
気持ちの良い秋晴れ、天気は上々でした。

2021年11月2日(火)八木谷氏と青井イカダ釣行

季節は移り変わり、日に日に肌寒くなっています。
今日は天候に恵まれましたが、水温の加減なのでしょうか?
一日中エサ取りも少なく、全ての魚が低活性でした。
不本意な一日となり、チヌ26㎝が1匹、アジ3匹で終了しました。
自然相手なので仕方ありませんね。また出直します。
天気に感謝の一日でした。

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 04:54 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

2021年9月15日・上佐波賀イカダ釣行

2021年・令和3年9月15日(水)上佐波賀イカダ釣行

本日は上佐波賀イカダ19番に上がりました。他に3.5番、7番にお客様がおられます。
どのイカダが良いのか状況がよく掴めず悩ましいところです。前日釣れた場所が良いとは限らないのがイカダ釣りですね。
「当たるも八卦当たらぬも八卦」とにかくスタートです。
19番はかなりの大漁が続きましたが、最近は下降線を辿り苦戦が続いています。さてさてどうなりますやら・・・。
まずは、当店の赤土団子にヌカをプラスして、激荒ミンチやオキアミ・アミエビを、混ぜやアンコにしながら7個ほど打ち込み様子を見ます。
パサパサにしたりネチャネチャにしたり臨機応変、状況に合わせます。ステージが整い魚の反応を伺うが「なしのつぶて」です。
静かな時間が流れ過ぎ、アジも活性低く単発です。これで今日の状況が判断でき、苦戦しそうな雰囲気が漂いますね。
今年の若狭湾の特徴は型が小さく数釣りが主体となっています。
小チヌも来ないとなると、当然暇な時間が流れ両手が空くので一服(喫煙)が多くなりました。反省です。
1匹目は10時頃、サナギコーンに33㎝。この1匹で流れを作りたいがそうはいかない。
オキアミにしたりサナギにしたり、手を変え品を変え、
ありったけの知恵を絞るが一行に好転はしない。時間が経過するとともに大きなアジが居なくなり小アジが幅を利かし、
オキアミは苦戦するようになりました。
救世主のボラの登場を待つが現れない。こうなるとお手上げ状態、サナギを付けて放置します。
チヌの活性が高いとサナギには綺麗な節アタリが出るのだが、無反応で何時までも付いています。ジタバタしても始まらず、長いインターバルで様子を見る。
5分経過等はざらで、時には10分経っても無傷です。すでに緊張の糸も切れ諦めの心境ですが突然でした、微動だにしない穂先に反応が現れ、
そこからは時間は掛りイライラしますが辛抱すると本アタリが出て二節抑え込み、ようやくの2匹目26㎝。苦労させられた2匹目です。
いよいよ「時合い到来!」と意気込むが浅はかな考えでした。当然のように静けさが戻り長い沈黙が続く。
15時になり、今日はこれまでと観念して、激荒サナギコーンは諦め、丸サナギ1個差しに変更。無駄な体力は使わず「何時までも放置作戦」です。
ようは釣れる気がしないのですね。やれることは全てやったし、天候に恵まれただけでも感謝です。
ぼんやり穂先を眺めていると、チヌに殺気が伝わらず良かったのでしょうか?
本日、3度目の突然のアタリ、前アタリから大チヌを連想させる本アタリが出て確かな手応えが伝わりました。慎重にやり取りしながら仕留めたのは44.5㎝。
これを最後に16時半で終了しましたが、佐波賀の実力はこんなものではありません。今後も要注意ですのでこまめにチェックして下さい。
下佐波賀イカダでは35㎝まで12匹の方がおられました。

NONALNUM-Memjr-WztuWFhA-E
44.5cm

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 09:05 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0230 sec.
prev
2022.5
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31