[ カテゴリー » 大会案内 ]

千歳イカダ(鉄板)釣行

NONALNUM-Memjr-WztuWFhA-E
千歳 通称(鉄板)
2021年・令和3年9月7日(火)単独釣行(曇り時々晴れ)
長い間ご無沙汰だったので、今日は久しぶりに千歳イカダ(通称鉄板)に釣行しました。
井上渡船さんに放流募金のお礼も兼ね挨拶に伺った次第です。広い釣り場が貸し切りで恐縮でした。
狙いはもちろんチヌですが、最近の釣果はパットしないようです。
7時頃から団子を打ちステージ作りに専念しますがチヌはご機嫌斜め、
4時間ほど音沙汰がありません。代わりにアジが釣れるので退屈はしませんが、
やはり本命が釣りたいですね! 心が折れ、あきらめ半分でしたが長い沈黙の後、
11時頃にようやくサナギコーンに本命アタリが出てチヌの顔が見られました。
型は不満ですがやれやれです。こらからと期待しますが、そうはいきませんね。
その後はアジの連発で、忘れかけた頃にチヌが釣れる状態でした。
結局チヌは単発で15時半まで粘って25㎝~28㎝が4匹、アジは43匹で終了しました。
アジ(18㎝~23㎝)は活性が高く、専門に狙うとかなりの数が稼げそうです。是非チャレンジして下さい。

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 04:13 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

2021年8月3日(火)青井イカダ釣行

2021年8月3日(火)青井イカダ釣行
朝一から雷と大雨で閉口する。しばらく小屋で避難しながら様子を伺うが一行に収まらず、痺れを切らして一時間半後に竿を出す。
団子も用意しているが雨が強すぎて断念。イガイの釣りで始める。一投目からアタリが出て35㎝前後をゲット。
連続でのアタリが途絶えず、かなりの緊張に包まれる。団子を使いサナギに変えながらも順調に釣れ続けスカリは賑やかになった。
雷が鳴り続けてもチヌは釣れるのだと感心する。11時からアタリは途絶え、雨が上がると嘘のようにサッパリとなり、
予定の15時で納竿。33㎝~47㎝8匹。八木谷氏は35㎝と42㎝の釣果。(二人ともサナギとイガイ)
NONALNUM-Memjr-WztuWFhA-E

NONALNUM-MuWxseWJr-awjw-E
八木谷氏 35㎝、42㎝

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 07:27 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

2021年7月27日(火)下佐波賀イカダ釣行

 またまた、長い間サボってしまいました。当てにならぬ釣行記ですいません。気まぐれですので、たまに覗いてやって下さい。
八木谷氏と二人 下佐波賀イカダ釣行
雨予報だったので下佐波賀の屋根付きを選択。朝から活性低く苦戦。11時頃に1匹。13時半に活性が上がり連続でヒット。
時合いは短く合計4匹、31.8㎝~40.7㎝ 4匹の釣果。16時終了。全てサナギコーンでの釣果。(八木谷氏 39.8㎝)

rt_20210728074544_1

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 07:18 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

10月21日、青井イカダ釣行

10月21日、今年10回目の筏釣行。今回は良型マアジが好調な青井イカダに行き先を決定。チヌが駄目でもアジが釣れるので、アジの魅力に惹かれ、お土産狙いの釣行でした。アジ釣りといってもサビキでは無く、沖アミを付けた1本釣りで挑みます。時には30cm弱のマアジが釣れるそうで、尚更です。体高のある黄アジだったら良いのですが・・・? 

今回も八木谷さんと6時半頃から釣り開始。カワハギの猛攻を予想していたが、雰囲気はかなり違い、生物反応の無い静かな釣りとなりました。早朝は一応サナギを使いチヌを狙いますが、サナギは何時までたってもそのままの状態。上下に誘い左右に引いても無反応、時間だけが経過、嫌なムードが流れます。その上、次から次へとクラゲの大群が左から右に流れています。ラインに触る度に穂先の角度が大きく変化する。

NONALNUM-77yR77yM44Kv44Op44Ky-E
クラゲの大群
2時間ほど経過するが、サナギは相も変わらずピカピカで上がってくる。痺れを切らしここで気分転換。サナギから沖アミにチェンジ、アジの様子を探ってみます。沖アミを団子に包み、割れてから上下に誘いを入れると、入れ食いではないが、良いアタリが出てアジが釣れます。体高のある20cmオーバーのマアジです。この型になると引き味も良く面白いですね! 徐々に本気モードになり夢中になってしまいました。もちろん、「時合になればチヌも来る」と思いながらの釣りでした。
NONALNUM-77yS77yM5YWr5pyo6LC344GV44KT-E
八木谷さん、35cmゲット!
10時頃、八木谷さんに待望のチヌ、35cm級がサナギにヒット! こちらもサナギに変えるが沈黙が続く。不思議ですね、隣の八木谷さんのイカダにはチヌが居てアジがいない。こちらはアジが居て、チヌがいない・・・。まぁ~、チヌに関してはよくあることですがアジが居ないのは不思議でした。魚影が薄いのでしょうか・・・? 途中から八木谷さんはアジを諦めチヌに絞ったようです。サナギオンリーで攻めています。

こちらは音沙汰なしのサナギを諦め沖アミに戻す。11時頃、上に誘い60cm程上げたところで停止、一呼吸置いて下げ始めるとアジとは違うアタリが出た! 高感度の前アタリなので一時停止・・・、すると、ゴッゴン! 見事なアタリでクリーンヒットでした。難なく取り込んだチヌは34cmでした。

NONALNUM-77yT77yM44OB44OM44Ki44K4-E
チヌ34cm
写真を撮りすぐに放流し、柳の下の泥鰌を狙うと・・・、あるのですねこんな事が! 団子が割れると一気に穂先が水面に突き刺さる衝撃的な瞬間が来た、こちらがビックリするアタリでした! 幸い竿を握っていたので即座に対応でき、手に汗握る攻防を展開。手応えは十分で、力強い引きを味わう至福のひと時のはずが・・・? 下手ですね、未熟ですね~・・・、鋭い突っ込みを耐え、底が切れて安心していたが、まさかの針ハズレ、痛恨のバラシ! アタリから察すると、針を飲み込んでいてもおかしくないアタリでしたが、詰めが甘いと言うか、一瞬の遅れが生じたのかも? 貴重な良型を取り逃がしました。その後は皆さんの想像通り・・・。静けさが戻り、相手してくれるのはアジだけとなりました。
NONALNUM-77yU77yM44Ki44K4MTM-E
アジ21cm~26.5cm 13匹
八木谷さんは1匹追加し2匹の釣果。当店はチヌ1匹とアジ13匹の釣果で3時に納竿しました。

8勝2敗「本塁打(50cm以上1本)タイムリーヒット(40cm以上9本)ヒット(30cm以上11本)失策3 」

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 03:03 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0634 sec.
prev
2021.9
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30