2021年10月19日(火)青井イカダ・八木谷氏と釣行

2121年10月19日(火)青井イカダ・八木谷氏と釣行

天気は快晴でしたが朝は肌寒く、秋の気配を感じる今日この頃です。
休憩をたっぷりとってから、何時ものようにスロースタート。青井イカダは久しぶりですがチヌの「ご出勤」が遅いですね。
早朝は静かでサナギは無傷で上がってきます。生物反応薄くオキアミも付いたまま、
低活性が長く続くと「このまま一日が終わってしまうのでは?」と不安が過ります。
約3時間後の9時50分にようやくチヌ30㎝オーバーが釣れやれやれ、チヌの顔が見られたので安堵の一息、肩の力が抜けました。
やる気モードになりスイッチが入ります。
1匹釣れたならしめたもの、流れを変えリズムをスピードアップ、アンコたっぷりの団子を多めに打ち込み、手返しを早めます。
その後、好調に数を伸ばし、太陽が強くなった13時になると水温なのか潮の変化なのか分かりませんが、全ての魚が高活性になりました。
ボラ・コノシロ・グレにアジ等、その他モロモロ、もちろんフグやカワハギもいます。

注意するのはボラですね、暴走すると手が付けられない厄介者で、今回も上層まで現れ団子を催促しにきます。
適度なマキエワークで怒らせないよう細心の注意を払い敬意を持って対応します。
ボラはチヌの使者、教科書通り強めに握った団子をボラが割ってくれ、割れた瞬間、間髪入れずにチヌが喰ってきます。
ボラかチヌか半信半疑ですが、たまたまボラを釣らずに済み助かりました。腕が腕なので見極めはなかなか付きません。
好時合いは長く続かないので短時間に集中しながら、5匹連続ヒットも含め1時間半程アタリは続きました。
15時30分に終了しチヌは27㎝~41㎝を15匹。良い日に当たったようです。
エサはサナギ・激荒サナギコーン・オキアミ・コーンの順でした。

2No4351284_Ask_1
二人の釣果
4SB-515-01-1024x768
青井イカダから見た風景です

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 07:21 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.1977 sec.
prev
2021.10
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31