8月31日青井イカダ

2021年・令和3年8月31日(火)青井イカダ釣行(曇り北東の風)

曇り空で9時頃から涼しい北東の風が吹き良好なコンディション。
6時半から釣りはじめ1時間半経過で小型チヌが2匹、サナギと沖アミで来たが、
この後、長い沈黙が続く。海底は不毛地帯と化し生物反応はゼロとなる。
たまに来るのはアオハタ、ガシラ、アコウ等々、緊張の糸が切れ、半ばやけ気味となる。
お土産のマアジも来ないので退屈この上ない釣りとなった。「日頃の行い」が
ここまで悪く無いはずだが、なかなかいい日に当たらない。
新調した下向きリールが手に馴染まず気に入らないので今日は古い「バイキング極」に戻しての釣行。
長年(25年以上)使用したので金属疲労もあり、調子は悪いが使い勝手はすこぶる良しで気に入っている。
手に馴染み、クラッチのオンオフはプッシュ式で単純明快。
何よりもシンプル設計でノントラブルが心地いい。最近のリールは多機能すぎて複雑な構造、
ここまで必要あるのかな? と思ってしまう。スプール径は大きくなり過ぎ、竿とのバランスは考えているのか、
そして超ハイスピードの高速回転となると疑問符が付いてしまう。競技会専用リールに傾斜し過ぎのようで淋しい限りです。
おっとっと、話が脱線しましたね。

辛抱すればやがてはチャンス到来。沈黙の3時間が過ぎた11時頃に本命アタリが出始めリズムを取り戻す。
好調に数を伸ばすが、14時頃からボラにスイッチが入りすぎ、水面まで現れ団子投入を催促する始末。
強めに握った団子が底まで持たない状態にはホトホト困りました。
上から下まで団子を追いかけ回す厄介者です。ボラの動きはターボエンジン全開で
スピードアップしている。長年イカダ釣りやっているがこんな素早いボラの動きは見たことがありません。
同じことを繰り返しても仕方なく一呼吸入れ対策を考える。こうなるとグレ釣りの要領、
分離作戦で左3mに捨てエサの片手団子を3個ほど投入しボラを集める作戦です。

頃合いを見定め本命団子を入れ、ようやく再スタートが切れました。ボラが元気ならチヌも高活性のはず、
着底し団子が割れオキアミに本命アタリが出る、チョンチョン、コツコツ、シーン??? 
息を止め凝視すると節アタリが出るが素針を食らわないよう慎重に見定め「ここぞ!」というところで竿を跳ね上げる。
「ガツン!」この一瞬がイカダ釣りの醍醐味ですね。振り上げた腕は途中で止まり重量感が伝わる。
竿は美しい弧を描き、一進一退の攻防が始まるが、「ひょっとしてボラ・・・」一瞬脳裏をよぎる。
敵は手前のカキ棚に突っ込むがそうはさせじとラインを出さず耐える。やがては綺麗なチヌが水面に姿を見せた。
慎重にタモに入れ良型をゲット、後で計測すると51㎝。良型をゲットできやれやれです。
その後、素針(ケイムラカラー5号)にセイゴやカンパチ(40㎝)等、珍しい魚が掛り高活性の光景が持続。
チヌも混ざり続行したかったが15時半で終了しました。小型を含め12匹の釣果。
普段はリリースですが、今回は持ち帰られる方がおられたのでキープしました。

NONALNUM-Memjr-WztuWFhA-E

2No4351284_Ask_1

— posted by 黒鯛釣具 店長 at 07:57 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.2208 sec.
prev
2021.9
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30